FC2ブログ
【お絵描き講座】ドロー系とペイント系
ドロー系とペイント系の違い
ちょっとわかりづらいかもしれませんが…

・ドロー系:Illustratorが代表的なソフト。ペジェ曲線を使ってデジタル的な絵を書くことができます。
      例えばアニメ塗りなんかには適してます。
・ペイント系:Photoshop、Painterが、コミスタ等。いわゆる「色を塗るソフト」がこれ。
      ※一応フォトショやPainter、コミスタにもペジェは備わっていますが擬似的なものです。

Illustratorで描画した絵も最終的に印刷物にしようとするとペイント系にしなくてはならないので、
解像度とかに注意しないといけなくなります。

あとIllustratorやPhotoshopなどのペジェで慣れている人がコミスタのペジェをいじるとかなりのストレスを感じるので、そのへんは覚悟しておいてくださいw

要するにアニメ塗りを極めたいならIllustrator、アナログ的な塗を極めたいならPainter、いわゆるCG的なものを気軽に塗りたいならコミスタ、という感じです。

ちなみに私は塗りと言ったらアナログに酷似したものを追求したいし
コミスタで塗るとものすごくいい加減な塗になってしまって作品が台無しになるので
彩色はなるべくPainterでするようにしています。

なんでPainterかというとやはり表現力の差。
2次色、3次色の表現、バリアント(筆の種類)が豊富なこと、紙質の違い等々…

CGしか描いたことがなくてアナログにも挑戦したいという方はPainterで試してみてはどうでしょうか?
ちなみにPainterは手ブレ補正がないのでちょっと扱いづらいかもしれません。
そこは慣れかなぁ?と思います。
関連記事

Comment 0

What's new?